若狭海遊バザール

へしこちゃん千鳥苑ブログ

2017年07月24日 商品紹介

梅のお酒「BENICHU」

福井で栽培される梅の稀少品種「紅さし梅」を原料とした梅酒です。

BENICHU 38° 20°

千鳥苑の売店に新しく入荷されました。

その特徴は、一般的な梅酒のように甘ったるくないところだそうです。

 

38°の方は、高アルコールで無糖。

梅の旨味がストレートで、ロックでしっかり味わうのがおすすめです。

300ml入り 1350円(税込)

 

20°の方は、甘さを抑えた微糖。

ほのかな甘みで甘ったるくなく、爽やかな酸味と梅の香りが絶妙で、

脂っこい料理にも合い、女性にも男性にもおすすめだそうです。

300ml入り 920円(税込)

 

20°の方は、「インターナショナル テイスト&クオリティ インスティテュート2016ブリュッセル」

で優秀味覚賞を受賞、世界のソムリエからも評価されているようです。

 

赤い唇のシンプルなデザインがお洒落ですね。

 

千鳥苑にお越しの際は、もちろん「若狭地ビール」がおすすめですが、

福井の「紅さし梅」を使った、こういうお酒もいかがでしょうか。

 

 

 

 

今夜はビールか酒どちらを飲もうか迷っているS

記事一覧へ