若狭海遊バザール

へしこちゃん千鳥苑ブログ

2017年11月28日 周辺イベント・スポット情報

越前「和紙の里」めぐり

今日は、若狭からは少し足をのばして、

福井県越前市の、越前「和紙の里」めぐりのご紹介です。

 

 

越前和紙の里ホームページはこちら

 

千鳥苑から車で1時間弱のところに、伝統の技と美しい自然に触れる散歩道があります。

紙すき体験ができるパピルス館、

江戸時代中期の紙すき家屋を移築復元し、職人の紙すき技を見学できる卯立(うだつ)の工芸館、

越前和紙の発祥や歴史、紙すき工程、和紙を取りまく人々の営みなどを資料やパネル・和紙人形を使ってわかりやすく展示している紙の文化博物館

この3つが〝和紙の里通り〟にあり、それぞれ約100mの距離にあります。

 

越前和紙は、1500年の長い伝統があり、高品質なことで知られているそうです。

全国で唯一の紙の神様。紙祖神岡太神社・大瀧神社もそこから約1キロのところにあり、

1500年程前この里に紙すきの技を伝えた川上御前を全国で唯一の神祖神として祀っているそうです。

 

花筐(かきょう)公園では、県天然記念物の薄墨桜や、皇子ヶ池などの見どころも沢山あり、

四季を通して美しい自然が楽しめるそうです。

 

越前市にお出かけの際には、越前和紙の里で、伝統の技と美しい自然に触れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

紙すき体験でオリジナル和紙をつくってみたいS

記事一覧へ